予防歯科・歯周病治療

健康な歯を保つために

予防歯科について

歯の健康を考えると、虫歯や歯周病といったお口の病気の発生を防ぎ、健康な口腔内環境を保ち続けることが一番。お口の病気は日ごろからしっかりとケアをしていれば未然に防げますが、きちんとブラッシングをしていなかったり定期検診を受けなかったりすると、すぐに病気は発生し徐々に進行してしまうのです。

病気のない健やかな口腔内環境を保つには、毎日のブラッシングと定期検診が重要です。定期検診で病気を予防・早期発見するとともに、ブラッシング指導を受けてご自身できちんとケアできるようにしましょう。

歯周病について

歯周病とは、プラークや歯石の中にひそむ歯周病菌が炎症を起こし、歯肉や歯槽骨を溶かしてしまう病気です。日本では成人の方が歯を失う一番の原因となっています。

歯周病を防ぐためには、歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除くことが重要です。毎日のブラッシングをきちんと行うことはもちろん、プラークや歯石を取り除く歯科処置を受けて歯周病を予防しましょう。もし歯周病になってしまった場合には、クリーニングなどの歯科処置などを行い歯周病の改善を目指します。